モーニング娘。の不仲説!安倍なつみと後藤真希のライバルの歴史

芸能人

モーニング娘で「不仲」と聞いて思い浮かべるのは、当時人気メンバーだった「安倍なつみ」さんと「後藤真希」さんのお二人。

どちらも同時期にセンターを務めており、「ライバル関係だったのでは!?」と多くの人が想像、それゆえ「不仲だったのではないか?」と思ってる人が多いわけです。

このお二人の関係に関しては、お互いにテレビで語っていて、真実がどうなのか判明していますので、この先で詳しく解説していきます。

安倍なつみと後藤真希の不仲説!

結論から言うと、2人は不仲でした

それは、卒業後に2人ともテレビで不仲だったエピソードを話してますし、ファンからすれば2人が不仲だったのは想像付きますよね(笑)

不仲の理由はなに?

2人が不仲だった原因は、主に以下2つです。

  1. 安倍なつみさんの妬み・嫉妬
  2. 後藤真希さんの態度

安倍なつみさんのライバル心・妬み嫉妬

2人の不仲の原因には、安倍なつみさんの妬みが大きくあり、安倍なつみさんが後藤真希さんに妬みや嫉妬を抱く原因は、センターポジションを奪われたからです。

安倍なつみさんはオリジナルメンバーで1期。後藤真希さんは3期での加入なので、安倍なつみさんのほうが古くからいるメンバーで先輩になりますね!

後藤真希さんが加入する前の6枚目の楽曲「ふるさと」までは、安倍なつみさんがほとんどの曲でセンターを務め、「ふるさと」ではまるでソロかと思うほど安倍なつみさんを前面に押していました。

初期の頃、モーニング娘は楽曲を発売するごとに順位が落ちていき、安倍なつみさんを前面に出した「ふるさと」はオリコン5位とさらに順位を下げてしまったのです…。

そのあと、3期で後藤真希さんが加入。

加入翌月に7枚目のシングルとして出された楽曲が「LOVEマシーン」で、これがオリコン1位を記録し、さらに初のミリオンセラーでグループ最大のヒットを記録しました。

2期(矢口、保田、市井)の加入時、彼女らはコーラスしか歌えなかったものの、後藤真希さんはいきなりセンターに抜擢され、それでもって大ヒットになったわけです!

側から見れば、「後藤真希さんのおかげ」とも言えるわけで、そのひとつ前の「ふるさと」で、自分が前面に出た楽曲があまり売れなかった安倍なつみさんからすれば、それはキツイ精神状態になるのは理解できますよね。

そのあとも、後藤真希さんはセンターでありながら「新人」ということもあって、音楽番組「うたばん」ではMCの石橋さんに持ち上げられ、それまで持ち上げられていた安倍なつみさんは以前のような扱いではなくなりました。

安倍なつみさんが後藤真希さんにライバル意識を持ち始めたのは「LOVEマシーン」からで、やはり後藤真希さんに対してよくは思ってないわけです。

後藤真希さんが加入してきたときのエピソードを、上の動画で安倍なつみさん本人が語っています。

加入して金髪でいきなりセンターにきたと。中澤さんが「あのときイラッとした?」と聞くと、「いや、うん!」と、一度は否定したもののつい本音を漏らします。続けて「いい気分はしないっしょー」とも。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

また、こちらの動画では、安倍なつみさんがライバルだった人物として、後藤真希さんの名前を挙げており、当時はものすごく意識していたと語っていますね。

後藤真希さんの態度・性格

後藤真希さんの態度や性格も、2人が仲が悪い原因になっていると思います。

後藤真希さんは良い意味でも悪い意味でも、感情を表に出さずポーカーフェイスなことが多いです。笑うときは笑いますが、話が苦手なこともありあまり話さず表情を変えません。

また、片付けが苦手でマイペースなところがあり、完璧主義の安倍なつみさんとは正反対な性格でもあるのです!

ダウンタウンのはしご酒という番組に出演した後藤真希さんは、安倍なつみさんと不仲だったと告白しています。

番組で盛り上がっているのは、「モーニング娘。誕生10年記念隊」での話で、2007年くらいのときです。

2人ともモーニング娘を卒業した後ということで、普通なら卒業後は仲良くなるものですが、どうやらこの2人は違うようです。

これらの話をよくよく聞くと後藤真希さんの態度にも原因があるように思います。

後藤真希さんは体調が悪くてツアーを休み、残りのメンバーは4人のフォーメーションにしなければならなくなった。しかし、体調が回復し、後藤真希さんが最終日に出れるようになり、4人は再び5人のフォーメーションに戻さなければならなくなった。そこで、センターが多かった安倍なつみさんに一番負担がかかったと語っています。

そして、安倍なつみさんが怒っちゃって…と続きます。

これはあくまで想像ですが、まぁ完璧主義の安倍なつみさんからすればフォーメーションをやり直すのにまずイラッとしてると思います。しかし、体調が悪いのは仕方ない、と本人も思ってるはず。問題は、後藤真希さんの態度にあると思います。

YouTubeの映像を見てもわかるとおり、「なんで私が悪いの?なんで怒ってるかわからない。だってつんくさんが…」と、悪びれる様子がまったくないことが問題です。

それがおそらく態度に出ていたんでしょう。謝ったのかは知りませんが、それでさらに安倍なつみさんは頭にきたものと思われます。

結局、安倍なつみさんの完璧主義な性格と、のんびりしている性格が合わないのも原因で、そもそもセンターを奪われた安倍なつみさんからすればなおさらイラッとくるのでしょうね。

いまの関係は?まだ不仲なの?

2人のいまの関係は良好だそうです。

先程の動画で、後藤真希さんが坂上さんから「いまはどうなの?」という問いに、「いまは普通」と答えています。

これもあくまで予想でしかないですが、別に不仲ではないとしても、いまだに2人の間には何かがあると思います。2人で買い物をするとかいう話も聞きませんし、別に不仲ではないものの、やはりわだかまりがあることは間違いないと思いますね。

また同じ空間にいたらバチバチするのではないでしょうかね?

モーニング娘の不仲説

どんなグループでも不仲説は必ずあります。

複数人が集まればライバルは出てくるでしょうし、ずっと一緒に行動していれば、仲間の嫌な部分も見えてくるわけで、不仲になる人たちが出てきて当然です。

「モーニング娘は仲がよかった」と元メンバーだった加護ちゃんが宮迫さんとのYouTube上での対談で語っていますが、表立って「あいつ嫌い!」とかがなかっただけで、ライバル心はみんな結構あったと語っています。

不仲説で名前があがるメンバー

  • 飯田香織 vs 安倍なつみ
  • 後藤真希 vs 松浦亜弥
  • 飯田香織 vs 藤本美貴
  • 1期 vs 2期
  • 中澤裕子 vs ほか全員

不仲だったことがテレビ等で語られているのは主にこんな感じ。

実際にメンバーが語っていることです!

飯田香織 vs 安倍なつみ

初期の頃、2人は同じ部屋に住んでいました。

ちなみに、同じ北海道出身で同じ病院生まれで、誕生日も2日しか違わないそうです!

安倍なつみさんによれば、2人で決めたルール(知らない人を招かない等)を飯田香織さんが破っていたことや、音楽や匂いも嫌だったと語っています。仕事でずっと一緒にいて、プライベートの数時間の休みでも同じ空間にいるため、少し距離が近すぎたとのこと。

以下の動画でも2人が初期の頃不仲だったと語っています。

後藤真希 vs 松浦亜弥

2人も一時期不仲だった様子。

お互いまわりから持ち上げられる存在で、わりと年齢も近く、松浦亜弥さんはモーニング娘ではないものの、当時はソロとしてかなり持ち上げられてました。お互い似た者同士ということで、言葉には出さないまでも意識していたものがあるのでしょう。

お互い鏡越しで目も合わせなかったとか…

ただ、中野サンプラザで「ここが嫌い!」と互いに言い合ったそうで、それ以降は仲良くなったとのこと。

飯田香織 vs 藤本美貴

1期で当時リーダーだった飯田香織さんと、6期として入ってきた藤本美貴さんも、不仲というよりはよく喧嘩していたそうです。

簡潔に言えば、藤本美貴さんが言うことを聞かない。まぁこれは普段見ていた人なら「なるほど!」と思うのではないでしょうか?

気が強く、もともとソロで成功していたものの突然モーニング娘に入ることになったわけですから、それは「いつやめても…」とどこか思っていたと思いますね。(藤本美貴さんは4期オーディションを受けて落選しています)

1期 vs 2期

オリジナルメンバーとして知られる1期と、そのあとオーディションを経て加入してきた2期も当初はかなり不仲だったようです。

そもそも、1期のメンバーたちはモーニング娘があって入ってきた人たちではなく、ソロの歌手になりたくてオーディションを受け落選した人たち。流れでモーニング娘というユニットを組むことになり、そのまま5人でやっていくのかと思いきや、メンバー追加ということで、1期からすればみんな「はぁ!?」という感じなわけです。

2期はテレビで歓迎されてなくて辛かったと語っています。

中澤裕子 vs ほか全員

中澤裕子さんは最年長だったこともあり、初期の頃、1期のほかのメンバーとはあまり仲が良くなかったようです。

本人からしても、年齢が離れていて会話も難しかったでしょうし、最年長でリーダーだからこそ口うるさく言ってしまい、それが原因でまわりからは嫌われていました。

中澤さんはバナナが嫌いなため、楽屋はバナナ禁止だったり、中澤さんより前を歩いてはいけないなどの「中澤ルール」があったようです…。

1期はもちろん、2期は怒られるシーンがテレビで放送され、4期の辻ちゃんや加護ちゃんからは特に嫌われていました。辻ちゃんは「中居の窓」に出演した際、「当時うざかったのは誰?」と聞かれ中澤さんを指差してます。

不仲ではなく「ライバル心」

加護ちゃんがYouTubeで語った内容。

宮迫さんがモーニング娘の仲について「実際はどうだったのか?」と真相を聞きます。

加護ちゃんは「実際は本当にモーニング娘は仲よかったんですよ」と答えます。

しかし、宮迫さんは過去に出演した24時間テレビのときに見た光景で「一箇所だけやばい瞬間があった」と話します。宮迫さんの隣に座っていたあるメンバーがものすごい形相で(モーニング娘のメンバー同士ではないとのこと)ステージ上に出てきたある人物を睨んでいたそう。

宮迫さんはステージ上に出てきた人物の名前を言うと(動画では隠されてます)、加護ちゃんは「睨んでた人誰だかわかる」と言い、「そこは仲が悪かった」と答えます。続けて「仲が悪いというか、不思議なライバル心があった」とのこと。

そして、そういうの(ライバル心)は仲は良いけど結構あったと語ります。

個人的に思うに、ステージ上に出てきたのは当時めちゃくちゃ人気があった「松浦亜弥」さんで、睨んでたのは「後藤真希」さんだと思います!

まとめ

モーニング娘の元メンバーである安倍なつみさんと後藤真希さんの不仲説を解説しました。

もともとセンターだった安倍なつみさんの嫉妬や、後藤真希さんの性格上の問題から、2人の関係はぎくしゃくしたものになったようです。

モーニング娘は基本的にみんな仲は良かったそうですが、その一方で、言葉にしないまでも心のどこかでライバル心は抱いていたそうですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました